2016年08月31日

ピアノ室制作「青葉区A様邸」※施工協力

■ピアノ室を制作しました。
今回は一戸建て全体のリフォームを予定されている工務店さんの「施工協力」という形で、「防音工事」を行いました。なので家全体を大改修工事の一室だけ当社が施工するという内容です。
■施工内容
天井・壁・床の防音下地に軽量鉄骨を組み、吸音材・遮音材等により各部位約100ミリづつ内側に厚くなります。天井の仕上げは吸音材「クリアトーン」。壁はオトカベまで。通常施工しているコットンクロスは元請けの工務店さんで施工。床は遮音ゴムの上に構造用合板を敷き込みまで。床仕上げは元請けさんと施主さんで相談の上施工。通常はタイルカーペットなど。
出入り口にはA防音タイプの防音ドアを設置。窓は掃き出し側は防音壁で塞ぎ、腰高窓には200ミリ幅の窓枠を取り付けまで。元請けさん側で内窓ペアガラスを二重に設置。
なので、天井以外は仕上げの手前までの施工でした。内窓の設置までできなかったので騒音測定はしませんでしたが、室内でラジオを大きめの音量でかけても外部にはほとんど漏れていませんでした。
■施工協力
同業者の工務店さんリフォーム店さんの施工協力致します。お施主さんから防音室のご相談を受けてお困りの工務店さんいらっしゃいましたら、遠慮無くご相談ください。
posted by とむす at 16:06| Comment(0) | 業務連絡