2014年09月23日

5日目 名古屋城、リニア鉄道館

image1.JPGimage2.JPGimage3.JPGimage4.JPGimage5.JPGimage6.JPGimage7.JPGimage8.JPGimage9.JPGimage10.JPG4泊目は最終地点名古屋市の「メルパルク名古屋」。最後の宿泊はベッドで寝たいというのと名物を幾つか食べたいという理由で、街中のビジネスホテルです。メルパルクは仙台にもありますがこちらの方が立派で綺麗新しい大きい。フロントの方もとても丁寧で適切な対応をそつなくやってくれます。夕飯なし朝食付きにして、夕飯は中心部へ食べに行きます。天橋立で名古屋のライダーに聞いた、味噌カツの矢場とんと台湾ラーメンの味仙。まずは名古屋駅前にある「エスカ」。ホテルから地下鉄で4駅。すぐです。地下にレストランがたくさんあります。矢場とんはありましたが、ひつまぶしがすごく美味しそうで、今だけ500円引きにつられて「稲生」へ。ご飯大盛り無料だというのでもちろん大盛り!ものすごくうまい!!最後に出汁をかけて薬味を乗せて茶漬けで〆。
他の名物もと思って探していたら、天むす「千寿」を見つけて、夜食に買っていこうと思ったら、なんと「売り切れ!」可愛いお姉さんがニコッと言ってくれたけど、嬉しくない。ざーんねーん。しようがないのでコンビニで寝酒とつまみを買って帰ります。
さて、最終日の朝はホテルの朝食バイキング。サラリーマン時代の出張の宿でワシントンホテルの朝食が一番良かったけど、ここのはもっといい。種類が豊富で美味しい。きしめんもある。大変満足でした。
で、まず行ったのは名古屋城。建物は完全に復元で鉄筋コンクリート造のビルディング。大阪城と同じです。中は博物館になっていて、エレベーターも完備され快適。でも、そういう建物を希望してるわけでないので駆け足でまわる。本丸の南側に、京都二条城の二の丸御殿と並ぶ武家風書院造の双璧と言われていた「本丸御殿」を復元しており、3分の1が完成し公開していました。復元なのでピカピカの新品です。木材加工場も公開しており、加工作業の様子が見れます。使用している木材の端材が持ち帰りできるようになっていました。1個ゲット。公園内を散策していると、茶店で「名物きしめん」の看板が。思わず入店。普通に美味しい。このあと台湾まぜそばを食べる予定だけど食べれんのかな?と思いつつきしめんをすするのでした。名古屋城の写真はスマホで撮ってないので載せれません。(^^;;
名古屋城をあとに、夜にフェリーで食べる天むすを買いに、「天むす千寿」へ。なんと定休日!張り紙があって「松坂屋店へどうぞ」と。迷うことなく松坂屋へ。夕飯の天むすゲット。5個入り640円。
そして、最近はやりの「台湾まぜそば はなび」へGO!、っったらなんと終了!?。気持ちを切り替えてフェリー乗り場へ行くことにする。15:00に到着。でも乗船手続きは16:30からなので、行けたら行こうと思っていた「リニア鉄道館」へ。フェリー乗り場からバイクで5分。近い。2時間ほど見学する。まずはリニアの車両が出迎えてくれた。新幹線から在来線、レトロ電車まで車両がずらり、圧巻である。でも埼玉の「鉄道博物館」を見たことがあるので、インパクトは少し落ちる。リニアモーターカーの500km/hの疑似体験ができる。凄い。鉄道模型のジオラマは埼玉のとあまり変わらない。
さて、いよいよ帰途につく。フェリー乗船手続き。並んでいたら岡山のおっちゃんに「書き方教えて」と。北上で開催されるシニアの陸上大会に出場するんだとか。砲丸投げで。元気だなあ。船の前でスタンバッていたら尾張小牧ナンバーのヤマハSRのお兄さんがいて、話ししてみるとやけに船に詳しい。そしたらこの船のコックさんだそうで、へ〜ということになりました。なんでも3年前にこの船「ニューイシカリ」のデビューで、3月10日に名古屋でセレモニーをして、11日の仙台でのセレモニーに向かう途中だったとか。津波により仙台港は使用不能になり名古屋へ引き返して3ヶ月停泊していたんだって。被災地だけでなくいろんなところでいろんな事があったんだなあとしみじみ思った。就航すぐにだめにならなくて良かったなとも。
フェリーターミナルと名古屋港と船内の写真を載せました。船内はとても綺麗で広い。大浴場も綺麗で快適。24時間入り放題。シアターでは元名古屋フィルのバイオリンとピアノの演奏。とても素敵。
夕飯は買っておいた「天むす」を食す。美味しい。今までの天むすとは違う。次回は時間を置かないで食べたい。
明日は仙台港16:40入港予定。
posted by とむす at 15:59| Comment(0) | バイクとごはん

2014年09月20日

4日目 京都大原〜彦根城

image1.JPGimage2.JPGimage3.JPGimage4.JPGimage5.JPGimage6.JPGimage7.JPGimage8.JPGimage9.JPG3泊目の京都大原の民宿「大原の里」
この宿は民宿のクオリティではない。お風呂は温泉で湯舟は10人は入れる大きさで、半露天風呂と五右衛門風呂もあり、食事は自家製味噌の味噌鍋が大変美味しい。味噌が5種類用意されていて、1年物、2年物、3年物、甘口、辛口と好みで取り分けてご飯に乗せて食べる。味比べが楽しい。部屋数も30ほどあって民宿の規模を超えている。このクオリティで2食ついて9750円は安い。
4日目の朝は、宿にバイクを置かせてもらい、徒歩で寂光院へ。3分で到着。嘘みたいに近い。この寺は聖徳太子が建て、平家物語の建礼門院が晩年を過ごした尼寺で、かなり由緒正しい。本堂の説明をしてくれた女性の語り口調や表情が、京都の奥ゆかしくもしっかりした風情を感じます。
ここからバイクで8分くらいで三千院に到着。駐車場はネットの書き込みで調査済みなので、迷わずずっと奥まで進む。というのは途中の看板に「この奥Uターン禁止」「ここが最後の駐車場」のようなのがあり、惑わされる。最も奥のわかりづらい駐車場にバイクを停める。200円。停めたときは無人で郵便受けにお金を入れる。花ちゃん10歳がいると書いてあるのにいない。帰りには人間も花ちゃんもいたけど。さて、三千院ですが、これが大変。想像以上に庭が素晴らしい。こんなにも苔が綺麗に生えそろうものだろうか。時間を忘れてしまう。縁側で瞑想している人が何人もいる。人生に悩んだらここでリセットされることをお勧めしたい。
三千院の正門を出るとすぐ、茶店や土産物屋が並ぶ。みたらし団子が美味しそうだったので、お茶と一緒に頂く。200円。焼きが香ばしくて醤油餡も美味しい。
三千院を離れ彦根市の彦根城を目指す。
彦根城は小さめであるが、綺麗なデザインでバランスの良い天守閣がある。一番上の破風の下に窓があり攻撃防御に有効だという。梁桁の組み方が独特で匠の技を感じさせます。修復を終えた状態でとても綺麗な状態で見ることができます。彦根城博物館の前に「ひこにゃん」登場!ゆるい。音も声もなく、パフォーマンスもゆるくポージングすという、なんとも形容しがたい光景です。
博物館の木造棟は当時の座敷を再現していて、豪華すぎず質素でもないこれぞ和室といった感じです。
この後、いよいよ最終地点名古屋へ向かいます。
posted by とむす at 10:51| Comment(0) | バイクとごはん

2014年09月18日

3日目天橋立〜姫路城

image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg2泊目の宿は天橋立の近くにある、民宿「わすれなぐさ」口コミによると食べきれないカニ料理!その実はそれほどでもない。だけど味はよくそんなもんかなと。部屋やお風呂はいかにも民宿。ちょっと古い。この内容で\12000はちょっと高い気がする。期待しすぎたか。
3日目の朝は早速天橋立へ。観光客が多く立ち寄る場所は宿から10分!本当に近い。でも天橋立は上から見なきゃと思い対岸の傘松公園へ向かう。ここで調査不足で、傘松公園へはバイクで行けずロープウェイだとか。なのでその上のお寺さんの展望台へ。入場料\400。でも、これは当たり!しっかり高い良い位置で天橋立全景が見えます。しかもあまり知られてないのか混んでない。頂上で名古屋からの大型バイク二人に名古屋の情報を教えてもらった。味噌カツならば矢場とん、手羽先は山ちゃん、台湾ラーメンは味仙、天むすは千寿、だけど台湾まぜそばは知らないと言っていた。テレビで話題になっているのに。二人とも仕事で仙台へ来たことがあり、震災のことを心配してました。
天橋立を離れ一路姫路城へ。意外に時間がかからない。2時間くらい。でも、途中の高速で無謀な大型バイク6台。もの凄い勢いで車の間を次々とすり抜ける。何てことするんだろう。ここはサーキットじゃないのに。関西のSAは露店が並ぶ。楽しそう、美味しそう、でも腹空いてない。残念。
姫路城へ到着。予想以上に素晴らしい。かっこいい。綺麗。改装中!天守閣が見れない。超残念!!千姫が使った化粧櫓から百間廊下を進み天守以外を見る。やっぱり残念だ。いずれまた来よう。改修工事終わったら。
本日は京都大原に宿泊。楽しみ。
posted by とむす at 11:42| Comment(0) | バイクとごはん